フラット35等適合証明申請代行

フラット35等適合証明も周設計にお任せください

フラット35等適合証明とは

フラット35とは、住宅ローンの金利を最長で35年全期間を固定金利にすることができる制度となります。

住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する住宅であれば、安定した資金計画を立てる事が可能となります。

さらにフラット35を利用する場合、省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅を取得する場合には、金利がさらに優遇される「フラット35 S」が適用されます。

周設計では、フラット35 Sの技術基準までを満たす計算、申請対応をトータルサポート致します。

 

フラット35S技術基準の概要

フラット35Sの対象となる住宅は、フラット35の技術基準に加えて、以下の技術基準を満たしている住宅であることが必要です。

  区分 省エネルギー性 耐震性 バリアフリー性 耐久性・可変性



ZEH 『ZEH』等住宅      
金利
Aプラン
断熱等級5&一次エネ等級6 耐震等級3(構造躯体の倒壊等防止)
or
免震建築物
高齢者配慮等級4以上
(共同建ての専用部分は等級3以上)
長期優良住宅
金利
Bプラン
断熱等級4&一次エネ等級6
or
断熱等級5&一次エネ等級4又は5
耐震等級2(構造躯体の倒壊等防止) 高齢者配慮等級3 劣化対策等級3&維持管理等級2以上

※上記のどの基準満たしている物件でも、断熱等級2相当(フラット基準)以上は必須になりますのでご注意ください。

 

フラット35及びフラット35Sの申請における共通の流れと注意点

中間検査の前か後かで流れが変わるので、注意が必要となります。

<中間検査前の物件の場合>

①設計検査→中間現場検査→竣工現場検査

②設計検査→(住宅瑕疵担保保険または基準法の中間検査で省略)→竣工現場検査

③(設計住宅性能評価または長期優良住宅で省略)→中間検査→竣工現場検査

④(設計住宅性能評価または長期優良住宅で省略)→(住宅瑕疵担保保険または基準法の中間検査で省略)→竣工現場検査

⑤(建設住宅性能評価で省略)→(建設住宅性能評価の中間検査で省略)→竣工現場検査

<中間検査を受けていない竣工前物件や既に竣工した物件の場合>

① 竣工済特例の設計検査→現場検査

※フラット35S(耐震性)は不可となります。

 

フラット35の申請代行

次に示した項目が仕様書(フラット35技術基準)に適合している必要があります。

フラット35、フラット35 S 共通項目

・基礎の高さ ・住戸間の界壁(連続建てに限る)
・床下換気 いずれかを選択 ・断熱工事 ・施工部位
・基礎断熱工法 ・断熱性能
・床下防湿 ・防湿材の施工
・土台の防腐、防蟻措置 ・小屋裏換気(または屋根断熱であること)
・土台以外の木部の防腐、防蟻措置 ・点検口の設置(給排水設備)
・床下地面の防蟻措置 ・換気設備の設置(浴室等)
・浴室等の防水措置  

 

必要書類(依頼時に用意いただく書類)

「案内図・求積図・配置図・平面図・立面図・矩計図・小屋裏換気計算書(※1)・仕上表」のCADデータ(※2)

※1 小屋裏換気計算書は、屋根断熱の場合、準耐火・耐火構造の場合は不要です。

周設計

※2 申請時、各図面に書き込みや色付けが必要なため、CADデータで戴けると有り難いです。

 

フラット35S 金利Bの申請代行

仕様書のフラット35技術基準に適合 + フラット35S 金利B技術基準に適合する必要があります。

1.省エネルギー性2.耐震性3.バリアフリー性4.耐久性・可変性のいずれかで取得となります。

1.省エネルギー性で取得の場合<断熱等性能等級4>かつ<一次エネルギー消費量等級6>、若しくは<断熱等性能等級5>かつ<一次エネルギー消費量等級4または5>で取得

<断熱等性能等級4・5>

開口部比率で可能な場合(仕様基準に適合の場合)

必要書類

・「案内図・求積図・配置図・平面図・立面図・矩計図・小屋裏換気計算書・仕上表」のCADデータ

・「サッシ・勝手口・玄関戸」の商品名+断熱仕様+中空層orガス厚

※ 図面はアーキトレンドデータをいただけると計算がスムーズです。

その他CADデータもしくはPDFでいただいた場合は計算に多少お時間を頂きます。

外皮性能計算になる場合(仕様基準に満たない場合)

必要書類

・「案内図・求積図・配置図・平面図・立面図・矩計図・小屋裏換気計算書・仕上表」のCADデータ

・「サッシ・勝手口・玄関戸」の商品名+断熱仕様+中空層orガス厚

・外壁の耐力壁の商品名+厚み、通気層の厚み、床の構造用合板の厚みなど(矩計図にて判断)

 

<一次エネルギー消費量等級4・5・6>

必要書類

・「案内図・求積図・配置図・平面図・立面図・矩計図・小屋裏換気計算書・仕上表」のCADデータ

・「サッシ・勝手口・玄関戸」の商品名+断熱仕様+中空層orガス厚

・外壁の耐力壁の商品名+厚み、通気層の厚み、床の構造用合板の厚みなど(矩計図にて判断)

・冷暖房の品番+設置場所、換気計算書(※2)+換気設備の品番+換気経路図、給湯器の品番+設置場所+配管径、台所水栓・浴室シャワー水栓・浴室手元水栓・洗面水栓の品番、断熱浴槽の商品名、照明プラン図、太陽光パネルの品番+設置枚数+合計容量+設置場所、パワコンの品番

※2 換気計算書は、第1種換気の場合は一式ご用意ください。第3種換気の場合は、弊社で作成することも可能です。

なお、算定数値の根拠資料やJIS規格適合書の収集は弊社で行います。

2.耐震性で取得の場合<耐震等級2以上>で取得

<耐震等級2以上>

必要書類

フラット35の必要書類に加え、耐震等級2を満たした計算書、地盤調査報告書、改良があれば改良検討書、金物のメーカー+商品名、耐力壁の商品名+厚み。

先にプレカット図をいただければ合わせます。

備考)その他に免震基準もございます。

3.バリアフリー性で取得の場合<高齢者等配慮対策等級3以上>で取得

<高齢者等配慮対策等級3以上>

必要書類

フラット35の必要書類に加え、階段詳細図、浴室・トイレ詳細図、ホームエレベーター図(設置の場合)

4.耐久性・可変性で取得の場合<劣化対策等級3及び維持管理対策等級2以上>で取得

<劣化対策等級3及び維持管理対策等級2以上>

必要書類

フラット35の必要書類に加え、土台・軸組みの防腐・防蟻処理、ユニットバスのメーカー・品名、基礎パッキン・基礎点検口・鋼製水切のメーカー・品番、各配管経路図(排水・給水・給湯・ガス)

 

フラット35S 金利Aの申請代行

仕様書のフラット35技術基準に適合 + フラット35S 金利A技術基準に適合する必要があります。

1.省エネルギー性2.耐震性3.バリアフリー性4.耐久性・可変性のいずれかで取得となります。

1.省エネルギー性で取得の場合

断熱等性能等級5かつ一次エネルギー消費量等級6

Webプログラム算定の結果が基準に達していれば適合。

必要書類

・「案内図・求積図・配置図・平面図・立面図・矩計図・小屋裏換気計算書・仕上表」のCADデータ

・「サッシ・勝手口・玄関戸」の商品名+断熱仕様+中空層orガス厚

・外壁の耐力壁の商品名+厚み、通気層の厚み、床の構造用合板の厚みなど(矩計図にて判断)

・冷暖房の品番+設置場所、換気計算書(※2)+換気設備の品番+換気経路図、給湯器の品番+設置場所+配管径、台所水栓・浴室シャワー水栓・浴室手元水栓・洗面水栓の品番、断熱浴槽の商品名、照明プラン図、太陽光パネルの品番+設置枚数+合計容量+設置場所、パワコンの品番

※2 換気計算書は、第1種換気の場合は一式ご用意ください。第3種換気の場合は、弊社で作成することも可能です。

なお、算定数値の根拠資料やJIS規格適合書の収集は弊社で行います。

 

<認定低炭素住宅の認定書を添付>

低炭素の認定基準: ZEH水準・再生可能エネルギーの導入(省エネ量と創エネ量の合計が基準一次エネ消費量の1/2以上となること)なので、外皮性能計算+一次エネルギー消費量の計算の部分は審査省略。

それ以外のフラット35技術基準に適合しているかの審査はございます。

必要書類

フラット35の必要書類に加え、認定低炭素住宅の認定書の写し一式

<性能向上計画認定住宅の認定書を添付>

性能向上計画の認定基準:ZEH水準なので、外皮性能計算+一次エネルギー消費量等級5の計算の部分は審査省略。

それ以外のフラット35技術基準に適合しているかの審査はございます。

必要書類

フラット35の必要書類に加え、性能向上計画認定住宅の認定書の写し一式

2.耐震性で取得の場合<耐震等級3>、若しくは<免震建築物>で取得

<耐震等級3以上>

必要書類

フラット35の必要書類に加え、耐震等級3を満たした計算書、地盤調査報告書、改良があれば改良検討書、金物のメーカー+商品名、耐力壁の商品名+厚み。

先にプレカット図をいただければ合わせます。

3.バリアフリー性で取得の場合<高齢者等配慮対策等級4 or 5>で取得

<高齢者等配慮対策等級4 or 5>

必要書類

フラット35の必要書類に加え、階段詳細図、浴室・トイレ詳細図、ホームエレベーター図(設置の場合)

4.耐久性・可変性で取得の場合<長期優良住宅の認定書を添付>で取得

<長期優良住宅の認定書を添付>

必要書類

フラット35の必要書類に加え、長期優良住宅の認定書の写し一式

ご不明な点は何でもお気軽にご相談ください!

周設計では新型コロナウイルス対策を講じ、順次、新しい通常業務体制に移行してまいります
社内、社外での対策として、ソーシャルディスタンスの徹底、マスクの着用、手洗い・消毒、検温、行動履歴のメモなどを徹底し、
安全を確保した上で業務を行います。ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

周設計へのお問い合わせ

© 2023 株式会社 周設計